TORI STAR RECORDS


by toristar_records

カテゴリ:制作日記( 3 )

あれから2ヶ月以上が過ぎ..........
このイベント後はなんだか脱力感........のような。

----------------------------------------------------
ステージ出演者は早めに会場入りしてますが
販売員のワタクシは遅めに会場へ。
ステージにはいくつもの機材が置かれてます。
サウンドチェックも済んだミュージシャンがのんびりと過ごしています。
少しずつお客さんがやってきて
なかなか良い感じになってきます。
いままでにリリースした全作品を少しずつ持ってきたので
後方のテーブルにキレイに配置して販売準備も完了。

出演者を出演順番に書き出してみました。

トリスターレコード3周年記念イベント
夏の終わりの音楽会「トリソニ08」

2008年9月13日 土曜日  会場は渋谷7ef

TIGER & TAPY (DJ)
JHONSON&JHONSON (ジョンソン・アンド・ジョンソン) 
テッシー(手代木克仁 a.k.a PO YONGIN)
和泉聡志
エレキ☆スタアとPO YONGIN(和泉とテッシー)
イズミサトシ(和泉聡志 a.k.a. エレキ☆スタア)
登坂亮太&和泉聡志
平野友義
------------------------------
HALKI (DJ)
----------------------------------

和泉聡志+平野友義+手代木克仁
登坂亮太+和泉聡志+平野友義+手代木克仁+工藤緑矢+Toshi Nagai
-----------------------------------------------------------------------
和泉聡志+手代木克仁+平野友義+Toshi Nagai+michiaki+PATA+D.I.E

(諸事情により告知していた出演予定者2名が参加できませんでした。)



では数回に分けまして掲載していきます、その第1回目。
***************************************************

アナログ盤を使うTAPYとCDを使うTIGERの2人が
ステージ開始までの音を担当。
徐々に観客もほどよく集まってきて
では、そろそろ。

最初の出演者、ジョンソン・アンド・ジョンソンの準備が完了したところで
ワタクシ、トリスタレコードスタッフを代表して挨拶。

ジョンソン・アンド・ジョンソンです。
なんていうのか、合成音声?音声にエフェクトを施して
機械的な女性のアナウンスをしっかりと用意してスタートするJ&J
「トリソニ、ミナサン、タノシンデネ」みたいな煽り、
観客に大受けでみんなステージを凝視しちゃいます。
ジョンソン(鹿)氏が左に立ち、ジョンソン(福)氏が右に座る。
見た目にも、なんともいえない不思議な空間。
このユニットが作る音楽、「チップチューン」などと称されるものについての
分りやすい解説も交えて進むステージ。
ゲームボーイの音声を使う音楽。
目の前で演奏するものを聴くというのはやはり驚きが大きいです。
ジョンソン(鹿)氏はPCや機材やゲームボーイを操作、演奏。
ジョンソン(福)氏はゲームボーイ、魚のカタチの木琴を演奏。
途中では若干の機材トラブルもあったけど
とっても楽しい音の時間を作ってくれました。
トリスターレコードから発売しているCDの収録曲や未収録曲を演奏。

01.Electrro Body Electro    
02.One seep To Sleep     
03.Fun & Game         
04.Dr.who            
05.Audio Break-thru     
06.Come home


ジョンソン・アンド・ジョンソン
c0145458_0124995.jpg

壁に投影され続けた映像(作成/イズミサトシ)
c0145458_013234.jpg

TIGER (朝までありがとうございました、大感謝ですよ。)
c0145458_016182.jpg

ジョンソン(福)氏の手とゲームボーイ
c0145458_018431.jpg

[PR]
by toristar_records | 2008-11-18 00:18 | 制作日記
2007年12月X日:
クリスマスイブの前の日の夜、今日は渋谷でイベント。
登坂亮太さんの企画のコンサート。
なにかとTori Starに関連するイベントなので
物販コーナーを設けさせて頂く事に。
店の後方のテーブルの片隅に10作品を並べて
フライヤーなどで飾り付け。
この日から発売開始になる新作
Ritty with Po Yongin 「Home Cooking vol.1」
Ritty=登坂亮太
Po Yongin=Tesshii
この日の出演バンドは1バンドのみの2セット。
ボーカルはもちろん亮太さん
鍵盤、ギター、そしてアレンジはTesshiiさん
このCDの曲は演奏しないけど
CDの発売には抜群のタイミングです。
亮太さんのWEBサイトでも発売の告知が書かれていたので
ライブ前から購入者多数ありで
忙しくなりました。
今回の作品は亮太さんが製造も担当。
盤面は目玉焼きデザイン、歌詞カードも付属。
とてもステキなデザインです。
中盤のセットブレイクからTIGERがDJを担当。
会場にはトモヒラノ(平野友義)、イズミサトシ(エレキ☆スタア/和泉聡志)も。
まさに鳥星な夜。

2008年1月X日:
市川市へ夜に出かける。TIGERがたまにDJをやってる店へ。
JR本八幡駅から徒歩数分ってところか。
高架になってる線路のすぐ前のビルの3階。
なかなかキレイにシンプルに飾られた階段。
広くはないけどさっぱりとした閉鎖的ではない空間。
数人の客。奥のDJブースにTIGER
広い窓からはJRの電車が見える。

2008年1月X日:
Tori Star 総合プロデューサーと世間話的に鳥星会議。
「押さえ」たミュージシャンあれこれの話。
ボーカリスト、ベーシスト、ドラマー、DJなどなど多岐にわたってさまざまな人が
今後のTori Starの活動予定に加わって行きそうな。
決して大きくないTori Star Recordsの中に
細分化?新たなレーベルを設けるという話もあり。
まずは決定しているのはPo Yonginの新レーベル
bag line series
さあ、この先、どのように進んで行くのだろうか。


---------------------------
TSR制作部

c0145458_9122758.jpg

[PR]
by toristar_records | 2008-03-15 09:16 | 制作日記

<不定期掲載>制作日記

Tori Star Records制作部スタッフによる制作ダイアリー連載開始です。



「小さなことからコツコツと」 その1

X月X日 
11月のある日のこと。
エレキ☆スタアから携帯メール。
「間もなく完成です、ジャケ写などのことで打ち合わせ希望」
ちょうど都内での別の労働からの帰宅途中だったので
そのまま撮影機材を持ってエレキ☆スタアさんの自宅へ。
とりあえずの完成予定曲順で試聴しながら
あちこちの撮影。
楽器や機材に囲まれながらギターを弾く姿などを撮ってみる。
いかにも自室での録音風景。
並べてあるギターもたくさん撮影しているうちに
CDデザインのアイデアが浮かんでくる。
エレキさんもこのアイデアに納得。
こうして今回の盤面デザインが決定になる。
ほとんど決定している曲順だけど
アタマに1曲追加しようか、とか
このインストに歌を乗せようか、などなど
そのままにしておいたら、止まらずに作業を続けそうなエレキさん。
いくつかの意見を言って
あと少しでの完成を期待しながら退室。

X月X日
1週間後にTori Star 習志野工場にやってきたエレキ☆スタア、改め、イズミサトシさん。
完成品を持ってきたのでさっそく聴いてみる。
あら、1週間前とはいくつかの変化ありますね。
ボーカルを入れるつもりだった曲を外して
新たなインストを加えている。
ほんとに締め切りがないと変化し続けそうな状態。
そして曲名をテキストファイルに入れて、
CD盤面デザインの決定をする。
この秋からのTori Star 作品は
透明窓付き紙袋ケースを採用。
CD盤面がフロントカバーになるのです。
円盤の中心に穴があいてるデザインだから
使う写真や文字の配置も上手く考えないといけません。
だからこそ、あまりごちゃごちゃしたデザインよりは
シンプルに分りやすい写真を採用。
以後、すこしづつ盤面印刷>音の繰り返し。

X月X日
決定音源を受け取って、少しずつ製造をしていた4日後あたりだったか、
イズミさんからメールあり。
「とりあえずストップしておいてください」
なんだどうした?もしかして???
結局、新たなアレンジを考えて録音してたらしい。
しかし、まあ今回はそのままでいきましょうと決定。
未発表バージョン、未発表曲は大量にあるようなので
いずれトリラジで流すとか
別のCDに収録するなどの使い道はあるでしょう。

X月X日
Tori Star作品は基本的にCDRでの製造なんですが
今回はイズミさんが大量に音を入れて持ってきてくれる。
あとは盤面プリントすればいいだけ。
紙袋の裏面に貼るクレジットを記載したシールも準備。
文字が小さくなってしまうが、まあ、読めるぐらいにはしてあります。
1枚ずつ、プリンターのトレイにセットして
クリックを何度もして印刷開始。
これがなかなか時間がかかる。
横ではイズミさんが紙袋にクレジットシールを貼る作業。
音入れ済み>印刷>袋に挿入>封印シールを貼る>完成
封印シールは今回のみのクリスマス仕様です。
クリスマスらしさのイラスト/写真とToriちゃん。
いろいろと細々とやってるんですよ、TSR制作部は。





今回はここまでです。
TSR制作部/製造部


c0145458_0282335.jpg

[PR]
by toristar_records | 2007-12-13 12:13 | 制作日記